MLBの日記

MLBの楽しさを伝えるブログです。

グリエル

とんでもないことが起きた。これはもう破られないだろうと思うほどの記録だ。

 

11試合連続マルチ安打を記録して、ブルージェイズの球団新記録を樹立したことが記憶に新しいルルデス、兄に負けず劣らずの才能を持っていることは、周知の事実だが、まさかの出来事が起きた。二人はホームランを量産するタイプではないのに。。

 

 

アストロズユリエスキ・グリエル(34)、ブルージェイズルルデス・グリエル(24)がそれぞれ1試合2本塁打をマークした。兄弟が同じ日に複数本塁打を放ったのはMLB史上初の快挙。

 

しかも、 兄のユリエスキは本拠地エンゼルス戦で、初回2死満塁でライトポール際へ今季2本目の11号満塁ホームランを放つと、3回1死一塁ではレフトスタンドへ2打席連発となる12号2ラン。5回にはセンター前にタイムリーヒットを放ち、ここまでの1試合7打点はキャリアハイの活躍だ。

 一方、弟のルルデスは本拠地レイズ戦で、初回1死でセンターへ10号ソロ、4回先頭で2打席連続となる、これまたセンターへ11号ソロを放った。6回1死ではセンター前ヒットを記録し、こちらも猛打賞の活躍を見せている。

 

 

兄弟記録で言うと、 メルビン(元B.J.)とジャスティンのアップトン兄弟は、兄ドラフト全体2位、弟全体1位とエリート兄弟。2012年8月3日に揃って通算100本目の本塁打を記録している。

この珍しい記録も、二度とないだろう。

 

 

 

 先に言っておこう、初タイトル、おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 おかえりなさい、力感なく美しいフォーム。怪我しませんように。

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。